基本を大切にしたい2019-3-1

私、ヨガ歴とヨガティーチャー歴がほぼ一緒という経歴です。
どこかで書いたことあるかもしれないけれど
結婚して山口県へ引っ越し、自宅で趣味程度にしていたヨガをちゃんとスタジオ通ってならいたい!と思った新婚時代。

がしかし、悲しいかな当時の山口県の私の住んでいた近辺にはヨガスタジオがなかった・・・それなら福岡まで通おうかな。
と福岡のスタジオをいろいろと調べていたんだけれど、同じ交通費使っていくんだったら、ヨガをもっと深く学べるTT(ティーチャーズトレーニング)を受けてみてもいいかも!
と、まだ生後1年もたっていない娘を抱っこして決意したあの日。

TT卒業して、中だるみが怖かったのですぐにレッスンを開始しました。
本当にすぐに笑

当時の私は、熱意に溢れ自分が習ったことは全てきてくれた生徒さんにお伝えしたい!!!そんな熱血ティーチャーでしたが、今思えば言葉数の多すぎるティーチャーだったなあと反省しております。
そんな未熟もいいところの私のレッスンを、お金と時間を割いてきてくださった当時の生徒様方にはもう本当に感謝の気持ちしかない。

みなさんに育ててもらったんだから。

「レッスンします」と宣言しても、予約ゼロの日もあった。
そんな時は、これじゃ自称ヨガインストラクターやん・・・と呟きながら練習してました笑

でもその練習の時間がまた私自身の学びを深め、レッスンの質も高める。
無駄なことは何一つない。

そんな山口県での数年間のヨガ教室運営から離れ、福岡へ来てもう3年。
福岡には、それはそれは数え切れないほどのヨガ教室があって、素敵な先生もそれはそれはたくさん。そんな先生方の色々なヨガレッスンを受けに行くたびに感じることは、

やっぱりヨガがすきだ!やっぱりヨガ楽しい!

純粋に、本当にヨガを楽しむこの3年でした。
そして自分のレッスンを復帰しようと決意したときから一転。

私、こんな先生方には到底及ばないヨガレベルで教室開催しようなんておこがましくないかい??という思いがふつふつ。

ふつふつするたびに、レッスン復帰への意欲が減退・・・怖いこわい・・・超怖い・・・
このまま生徒として、いろんな先生のレッスンを受けているほうが平和なんじゃないのか。けいこ。
なぜに私は挑もうとしている??と自問自答。

この思い(怖いということ)は今もゼロとはいいきれないけれど、
でもね、でもね、
そもそもなんでヨガ教室を福岡で、この照葉で、このアイランドシティでしたいと思ったんかというとね、体の不調で苦しんでいる友人のために、ヨガが少しでも力になれたらいいな。なれるかも!と思ったのがきっかけ。
自分がもっている「ヨガ」というスキルを活かすことで、笑顔になる人がいるんだったらそれはすべきじゃない?!と。

私はお医者さんじゃないから、その不調を治療することはできないけれど、ヨガで体を動かし、呼吸を整えてその方が笑顔になれるお手伝いはきっとできる!
そして、それにはヨガレベルの高度さは必要ない。
私がこの8年で学んで来たことで十分だ。
それに私の「思い」があれば十分なはずだ。むしろ「思い」が大事だ。

101の意味は、英語で基本的な、とか基礎編とか。そういう意味合いがあるんだけれど、私のヨガ。101yoga(イチマルイチヨガ)も、ヨガの基礎中の基礎を丁寧にこれでもかってくらい丁寧にお伝えできる教室にしたい。
しっかりとした土台があればこそ、積み上げて行くものもどっしりと安定感のあるものになるから。そしてその後、どんな先生のクラスに参加してもきっとそのしっかりとした土台は役に立つから。

具体的な目標は、私のレッスンに来てくれる全ての方が日々の生活に当たり前のようにアライメントの正しい「太陽礼拝」を取り入れてもらえること。

自分の練習が深まれば深まるほどに、ヨガをやりたての当初の気持ちをどんどん忘れて行く・・・でも、基本は初心者でも熟練者でも同じなはず。その基本に立ち返り、丁寧にやる。
それが今の私には一番必要なことかも。

と、本日受けた港のとても素敵な先生のレッスン中にハッとしたしだいでございます。

レッスンから3年も離れた私が今、どんなレッスンをできるのが、自分でも未知数ですが、きっと3年前よりもナイスなレッスンできると信じて。
何月になるかわからないけれど、みなさんにお会いできる日を楽しみにしてます。





ブログ一覧へ