紫万さんが学校行きたくないと言い出した2018-12-23

1週間ほど前から、「学校に行きたくない」と娘が言い出した。

福岡に転校して間も無く、「学校に行きたくない」と言い出し、普通に行けるようになるまで1ヶ月ほどかかったんだけれど、あの時のことがふと頭をよぎった。

あの時のことで後悔していることが一つある。

それは、ひっぱたいて学校に無理やり連れて行ったこと。。。。

もうあれは、本当に消し去りたい過去。
娘にいつも謝る。。。

あの時の私は、引っ越してきたばかり。

末っ子はまだ乳幼児。

パパは出張で常にいない。

などなどで本当に心に余裕がなく、

むすめが学校にいけないことがすごく心の中で大きくて

「行きたくなったらいけばいいよ!」と休ませるも、「今日はどこいく??」と休む回数が増えるに比例して休んでいることが当たり前になりつつある娘の態度にもイラっとすることが増え、
娘の心に寄り添っていたつもりで、実は自分の心の平安を保つのに必死だったように思います。

でも、

無理やり学校に行かせたんだけど、結果娘はその後普通に登校するように。

何がきっかけかはわからないけれど

叱られてハッとすることもある。

ああ。

でも本当はひっぱたくのはダメダメ。

やっちゃだめ。

だから、今回はそれだけはしない。と心に決め、

娘と向き合いましたが、あれからもう2歳もお姉さんになった娘は立派に成長してました。

ただ、成長したがために、

自分で自分が苦しそうだった。

心臓が爆発するー!!!
あ!!!!!!

と叫んでは、紙に自分の今の心境をイラストで書く。
すごくわかりやすい!笑

なんだろうな。
思春期前のホルモンバランスの乱れなのかな。
心配したけれど、もう冬休み。

ひとまずは、ゆっくり休んで新学期様子見です。

今までの子育てと違うフェーズに突入したことをなんとなく感じる今日この頃。
昔の私が書きためた日記が活躍する日ももうそう遠くはないかもしれない。





ブログ一覧へ